月別アーカイブ: 2018年6月

何より栄養を補給すること

あなたがインフルエンザと診断されてしまったら、何をおいても栄養をしっかりと、摂るために食事をしなくてはいけません。

薬ももちろん重要ですが、何より栄養を補給することも重要です。

とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。

朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、藍の青汁みたいに消化吸収しやすく栄養満点なものをできるだけ摂るようにしてくださいね。

何日も大きい方が出なくなると、体に必要ではないものが体内に残ったままになるため、口が臭います。

いくら食後に歯ブラシをし続けて、歯間ブラシ、マウスウォッシュで口の中をきれいにしても、口臭は腸から胃を通過して不要なものを出そうとし、口の臭いになってしまうのです。

この場合、便秘が治ると、口の臭いも同時に改善されると言われています。

赤ちゃんがインフルエンザに侵されたら、きわめて大変なことに達します。

まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、インフルエンザで命が危ないことも無きにしも非ずでしょう。

インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が正しいかもしれません。

仮に便秘になっても、薬を飲めばいとも簡単に、解消できると思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、やはりまず最初に食事を見直してみてください。

食物繊維を多く含んでいる食事を摂ることが効果的で、不溶性と水溶性の両方の食物繊維をバランスよく摂るのが重要です。

後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。

ここのところの研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌がかなり有効だということがはっきりとわかってきました。

実際、インフルエンザというのはワクチンだけで完璧に防ぐことは出来ません。

日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力というものが向上して、インフルエンザを予防してくれたり、症状を軽減する効果が高まります。

乳酸菌と言って考えられるのはカルピスと言えるでしょう。

小さかったころから、日々飲んでいました。

どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。

母親が毎朝、私に飲ませてくれました。

そのために、私は便秘を経験したことがありません。

カルピスのおかげで丈夫な体になりました。

アトピーの角質層はセラミドという成分が健康な状態の皮膚よりも少ない状態になっていて、お肌のみずみずしさやお肌を守る機能が下がっています。

補い健康状態にするには、保湿することがとても大事です。

そのためには、お肌の表面を保護して、水分が蒸発するのを防ぐ保湿剤を使う事が必要とされるのです。

子供がアトピーだとわかったのは、2歳になったばかりの頃でした。

足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。

実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、赤みのぶり返しはやまず、一向に回復した、という状態までいきませんでした。

そのため、ステロイド剤を漢方薬の投与に変更し、食事の見直しも行ってみたら、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。

私自身にとって乳酸菌サプリと言えば、やっぱりビオフェルミンなのです。

子供の頃からあったサプリメントであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、いつだって私のお腹を守り続けてくれていました。

「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、やはりビオフェルミンなのです。

昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、おえそから両側に指2本分くらい空けたところにある天枢(てんすう)というツボです。

また、おへその下5cmくらいのところに存在する腹結というツボにも同じように効果があると思います。

手首にはしこうとがいかん、いうツボもあります。

便秘の種類によっても、藍の青汁 便秘に効果があるみたいなので、自分に合った青汁を試すことで改善につながるでしょう。